« 人の話を聴くということ | トップページ | »

アサーションノ薦め

アサーティブな自己表現をしよう

自己主張の3つの種類

自己主張には強弱の程度があり、区別されているということをみなさんは知っているでしょう
か?ノンアサーティブ(非主張的自己表現)、アサーティブ、アグレッシブ(攻撃的な自己表現)の3つの
区別です。私は、現在看護学校に勤めており、未来のナースの卵を育てる時、この3つの自己主張パ
ターンを伝え、アサーティブを目指すよう指示しています。

看護師は信頼関係を結ぶ事から仕事が始ま
ります。患者さまに対してはもちろんのことですが、周囲のスタッフとの人間関係を良好に保ち、チーム
ワークよく仕事をするためにも、アサーティブな自己表現ができることは重要になってきます。


1 ノンアサーティブ(非主張的自己表現)
自分の気持ちや、考え、信念を表現せず、自己の言論の自由(基本的人権)を無視した態度。
不安で自信がなくおどおどしているので、一見、おとなしく、相手を尊重した態度と見えますが、自己主張しないため、相手には気持ちが伝わるはずがないのに「人の気持ちも知らないで」や「譲ってあげたのに」などと恨んだり、恩着せがましくなりがちです。

「相手を立ててあげたのに解ってくれない」といった甘えや、「思いやりのない人だ」とか、「鈍感な人だ」といった相手への軽蔑の気持ちを持ったりします。我慢や恨みが積み重なると、欲求不満が募り、人と付き合うのが億劫になったり、頭痛、肩こり、胃痛などの心身症やうつ症状がでたりすることもあります。

また、弱い立場の人には不当に八つ当たりをしたり、いじめたりといったことも見られ、我慢の限界が来た時には、その場にふさわしくない位の激怒やキレル態度となることもあります。深層には表現して嫌な思いをしたなどのトラウマがあることもあり、表現しないことで傷つかない、劣等感やあきらめの気持ちをもたなくてよいということでもあります。

2 アサーティブな自己表現 
自分も他人も大切にした自己表現。自分の言論の自由を守るために立ち上がりますが、相手の言論の自由も尊重しようとする態度。アサーティブな発言では自分の気持ち、考え、信念などが正直にその場にふさわしい方法で表現され、相手も表現するよう推奨します。

その結果、相手と自分の意見の葛藤が見られることもありますが、譲ったり、譲られたりしながら納得のいく結論をだせるともいえます。譲った場合も自分の意見を表現しているので相手は譲ってもらったという意識があるため、相手に対して尊敬の念さえ覚えます。

自分もすがすがしく、相手にもさわやかな印象を与えます。意見を出し合い話し合うため、時間はかかりますが、お互いに一緒に何かを決定したという達成感を味わうことができ人間関係は深まります。相手の価値観や信念も分かりあうため、深いラポールができることもあります。自己肯定、他者肯定の意識のある人がアサーティブな自己表現ができます。


アイ(I)メッセージ(私メッセージ)で伝える

3 アグレッシブ(攻撃的な自己表現)
自分の意見や考えを気持ちをはっきりということ。相手の気持ちを害したり、相手を見下したり、
支配したりしがち。相手の気持ちを無視、軽視したり、結果的に相手に自分の考えを押し付ける
ことになります

一見表情豊かで、ハキハキしているが、その場の主導権を握り、相手より優位に立とうとします。
攻撃的とは単に暴力大声で怒鳴ったりするだけでなく、相手の気持ちや欲求を無視して自分勝手な言動を取ったり、相手を操作して思い通りに動かしたりすることを言います。

勝ち負けで物事を決めようとしたり、不当な非難、侮辱、皮肉、八つ当たり、駄目押し、一言多い発言、などもふくまれます。「自分が一番、あなたは駄目」など
といった態度や言動としてあらわれます。YOUメッセージ(あなたメッセージ)が多い

アサーティブに必要なこと・・・・アイ(I)メッセージ(私メッセージ)で伝えること
「私はこう思う」「私はこうしたい」
                      アイ(I)メッセージでは個人的な意見という言い方になるため受け取りやすい。
アグレッシブな表現    ・・・・YOUメッセージ(あなたメッセージ)
                                 「あなたは駄目」「あなたはできてない」
                   個人の意見でも拡大され大勢で言っているように聞こえるため、相手は傷つきや                   すい。

|

« 人の話を聴くということ | トップページ | »

コメント

前回は人の話の聴き方について学びました。聴き方の大事さを意識することにより、相手とのラポールをとりながら内容の深い会話が出来るようになりましたし、相手の意図や考えを解る事が出来てきました。
 今回は話し方、気持ちの伝え方のアサーションですね(^。^) 私はノンアサーティブな表現をしていますね…アチャ!! 先生の話の通りですね^_^; アサーティブな表現を心がけよう

投稿: BTK | 2007年6月21日 (木) 03時30分

 へぇ~今回は話し方か…! またまた意識しないで今まできましたね。先生のブログ面白いですね

投稿: KS | 2007年6月21日 (木) 03時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人の話を聴くということ | トップページ | »