« 最近の私のミッション | トップページ | ウェルネス コミュニケーション »

劣等感の手放し方

今日、衛藤さんという 非常に魅力的な方のセミナーに行きました。

カウンセラーの方ですが、体験セミナーの後は 「いい映画」 を見たような

すがすがしい感覚。それを 体感できたのは、彼の話の伝え方、表情にあ

るなと思いました。なるほど、口コミだけで170人が集まるだけある!と実感できた

セミナーでした。 2、500円というリーズナブルさも魅力でした。

そして、隣に座っていらした清水さんと仲良くさせて頂き、一緒に昼食をとることができました。今日のセミナーで1番嬉しいことです 申し込みも昨日、考えていることも、感じ方も

すべて共感できる方でした。キリリとして、頭が切れる魅力的な方です。

運命的な出会いだと奥山は「 ビビビビ 」 と直感しました。清水さんの座右の銘は

                「 すべては出会い 」 ステキです。

(セミナーにご興味のある方は、www.mental.co.jp をご覧下さいね)

○  セミナーの中で共感したのは 「劣等感について」 ○ 

今、現在 劣等感を抱えている人は 「他の人の価値を引き下げてしまう」といいます。

それは具体的には、妬みや嫉みとして現れます。

持つ人と持たない人の見分け方は簡単で、その人の前で人や物を褒めることだといいます。

ほめる人  「 あの人ってすごいよね~ あんな風になりたいな~ すごいな~ 」

劣等感人  「 ま、調子に乗りすぎないことが 課題だね 」 評論家タイプ

        「 一生分の運を使いはたしちゃったりして 」  預言者タイプ

こんな風です。褒めてくれる人には 「 今日さ~ラッキーだったんだよ! あのね・・ 」

と話したくなります。なので、いい情報が集まりやすいものだそうです。衛藤さんのお話

を聞いて私も劣等感について考えてみました。以下は私が劣等感の手放し方について

考えてみたものです。ご興味があれば、ご一読下さいませ。。。。。。。。。。

              <劣等感の手放し方>

奥山美奈の場合~

人の成功を「あんな風になりたいな~」とも思っている人は、マネができる

マネをするから、いつかは「あんな風」にもなれてしまう。いわゆるモデリングというもの

です。このあたりから、人生の別れ道ができるのでしょうか。

人間は 本当に幸せになりたければ、「 ほめる人になればよい 」のですが、劣等感が顔を出すとそうできません。

まれに常時、人の事を悪く言っている方もいらっしゃいますが、その方自身 今の自分の生き方に満足できない状態であるのかもしれません。

「理想の状態」 からかけ離れた自分を許せない時、目の前にいかにも幸せそうな顔をした人が現れると 自分が否定されているような気持ちになることもあります。

その人にケチをつけておけば 今の自分は 「 否定した相手 」 よりも上の位置

にいられるため こころは安定を保てます。これが妬みや嫉みという引き下げの心理です。

悪いことに 引き下げを受けた人は その方法を学んでしまうために自分より弱い立場の人を引き下げてしまいます。

お母さんに叱られたお兄ちゃんが妹をいじめる、会社で怒鳴られた夫が家族にあたるなどで 誰かの上であることを確認して安定しようとしてしまいます。

みなさんの周りに当番でもないのに、ごみの分別に必要以上こだわり、人の家のごみを丁寧にひとつひとつ点検しないと気がすまない人はいないでしょうか。

ごみの分別自体は非常に大切なことであり、ありがたい行為ではありますが、点検している人の衛生的な問題を考えれば身体の事が心配です。何事も行き過ぎはよくありません。

社会の中でも、必要以上に道徳を強要するモラルハラスメントや権力を振るうパワーハラスメントなども、人の上に立っていることの確認であることが多いようです。

では劣等感を持つ人とはいったい、どんな人なのでしょうか。

それは「 目標 」 を持った人です。

今日より明日をよくしよう 」 という気持ちは誰しもが持っています。

生きている以上、基本的に人は目標があるということです。つまり、劣等感は万人が持っているものなのです。

目標ができると現状との間にギャップができ、それを努力で埋めていく過程で「 こころ 」にプレッシャーが加わります。

更に私は 劣等感は優秀な方ほど高いとも感じています。私が教員の頃、成績優秀な学

生ほど1点、2点にこだわること、少し順位が下っただけでも自分を責め、不眠や体調不良を訴えるという事が多くありました。

もともと優秀なのですから、次のテストで挽回すればよいようなものですが、まるで点数が自分の何かを支えているかのような学生をたくさん見てきました。

優秀な方は設定の目標自体が高い分、目標と現状のギャップも厳しくなり今の自分への満足度も低いものだと、私はこれまでの学生や他の優秀な方々を見ていて思います。

では、劣等感をどう手放したらいいのでしょうか。

私がしているのは以下の2つです。

1つ目は、目標自体をもう少し、ゆるやかにすること。(自分に余裕をもてる程度にする)

2つ目は、今の自分を許すこと です。

 1つめ 目標設定をゆるやかにすること

学生を見ていても、主席を守り通す人は目標に執着しすぎるきらいがありますが、

学年で10番以内くらいの人は余裕があり、勉強を楽しんでいるような感じがします。

現代のように不景気になれば、少し順位がよくていい大学、いい会社に入ることができたとしても、会社自体が倒産してしまうことだってあります。

人生は外的な条件で左右される面もあるため、あまり1番、2番にこだわり、余裕をなくしてはもったいないというものです。

自分として 1割強の自分を目指していくような目標にし、人生を楽しみながら進むという方法もあるということです。

 2つめ 今の自分を許すこと

今を受け入れるとは、簡単なようで難しいことです。私は自分の劣等感に悩む時は自分の赤ちゃんからこれまでの歩みを思い出してみるようにしています。

赤ちゃんの頃と今の自分を比べてみれば、この差は歴然ですし、そこまでさかのぼらなくても 1年~3年前までの自分と比べてみても 「 ああ、中々がんばったなぁ 」と思うことがあるのではないでしょうか。

今は時代の流れが速いですから、「 5年ひとむかし 」とも言われます。さすがに5年もさかのぼってみると、自分もまんざらではないなという気持ちが出てこないでしょうか。

ゆっくりではあるが確実に自分も進歩してきたんだな。」という風に考えると、歩みの遅い「  」 を受け入れる余裕が出てきます。

「 未来のなりたい自分 」 もいいですが、過去の自分と今を比べてみるという方法も大切であると思います。

自信は 「 未来ではなく、過去にある 」 からです 

なにより、過去を振り返っている途中で 大勢の方々から守られ、愛情を注がれてきた事実を思い出し、「 感謝があふれる 」 という付録もつきます。

もしかすると、5年前に立てた目標通りの人生になっている方より、思わぬ方向に運命が展開したと言う方が多いかもしれません。

私自身もそうですが、5年前に立てた目標はかなわなかったものもありますが、結果的にはとても幸せな「 今 」 をすごしています。

未来は必ずしも、目標通りに行かないこともある、けれどもそれはそれで楽しいものかもしれないと思えれば、劣等感が緩和され人生をもっと楽に生きられるのかもしれません。

~ ご一読 本当に ありがとうございます。。。。。   奥山 美奈 ~

 

 

|

« 最近の私のミッション | トップページ | ウェルネス コミュニケーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 劣等感の手放し方:

« 最近の私のミッション | トップページ | ウェルネス コミュニケーション »