ウェルネス コミュニケーション

  ウェルネスとは・・・

           より生き生き、より幸せな 生き方 のことです~

~ 最近、受けた相談に 私なりの考えを述べてみます ~

Q1 私の友人のS子は、「 ○○さん、カワッタよね~!」 というのが、口癖です。

S子本人は、ほめているようなのですが、そう言われた人には、よく思われていないようです。

S子は私にもよく、「 ○○(私の名前)、ほんっとに 最近 カワッタよね~!」といってくれます。(私は最近、国家試験が近いので、真剣に勉強していますが、そういう風に頑張っているときに言われます。)

でも、やっぱり 嫌な感じがしてしまうのです。悪気があるようにも見えません。どうして嫌な気持ちになるのかわからないので、気持ちを話したらいいのかどうか、迷ってしまいます。

小さいころから仲がいいS子が、みんなに悪く言われているのも、残念な気持ちになります。

ただ、その口癖はみんながよく思っていないよ。と話したら、S子が傷ついてしまうようで言えません。でも結構、気が強いS子に私の気持ちだけを話しても、とりあってくれないとも思い

「どうしたらいいのかなあ」という毎日です。友人として気持ちを打ち明けるべきなのでしょうか。

                ○△□看護学校  2年生  21歳  H・Tさん

ウェルネス アンサー

 S子さんの、「カワッタよね~」の言い方によって意味が違うと思われます。S子さんが

 「カワッタよね~」 なら、ほめていて、「カワッタよね~」 なら、がっかり、「カワッタよね~」

なら怒っているのでしょう。そして、この場合S子さんは、Hさんをほめていると思います。ほめてくれているのに、どうして嫌な気持ちになるのでしょうか?

悲しいことに人は、「AからBに変わった」というこき、「じゃ、前(A)は悪かったっていうの?」と聞こえてしまうからです。

                     変わった=成長した

という意味で伝えているのですが、実は友達同士で、成長したということを伝えるのにピッタリの言葉がないのが原因です。

学校の先生や目上の人から、「成長したね」はオッケーですが、横の関係(友達)で成長したね。は上から目線になり、感じがよくありません。「伸びたね~」もどんだけ上なの?になってしまいます。

「すごいね~」を使う人もいますが、これはこれで、下から媚びてる感じになり、友達同士では使いづらいものです。

ピッタリの言葉がないため、「変わった」で代用しているといったところでしょうか。

高校生はこういうとき、「超、ヤバくね?」を使っていたようです。質問のHさんは21歳ですから、友達も同じくらいの歳とすると、さすがにこれも使わないでしょう。

では、どうするか。ウェルネスな提案です。

S子さんから、「カワッタよね~」ときたら、Hさんは 「成長したってでしょう!ありがとう」

とお礼をいってしまったらどうでしょう。これは案外、上手く行きます。

そして、S子さんにはHさんの成長が、ちょっぴり羨ましく、ちょっぴり寂しい気持ちでもあるのかな。と思ってみて下さい。そして、放課後の勉強には彼女も誘って彼女の「変わる」も応援してみてはどうでしょうか。

まとめると、S子さんには 気持ちを伝えなくとも、こちらが変化(成長したでしょ!や勉強に誘う、S子さんのこころを理解する)することで、S子さんの口癖を気にしないようになれると思いますよ。というのが、アンサーです。

~ Hさんのお役に立てれば光栄です。~

また、相談くださいね。                 

                                ウェルネスコーチ  みなっち

続きを読む "ウェルネス コミュニケーション"

| | コメント (1) | トラックバック (0)